膣カンジダを予防するには|膣カンジダの症状を治療しよう/治療薬の簡単な購入方法

膣カンジダを予防するには

お水と錠剤

膣カンジダは、もし発症したとしても治療薬を使用することで治療できます。
しかし、冒頭でも紹介したように、再発頻度の高い病気でもあります。
そのたびに治療薬を購入するというのもなかなか面倒ですよね。
そこで、そもそも膣カンジダにかからないよう、ふだんから予防を心がけた生活をしておくことも重要になります。

膣カンジダの原因となっているのは、先ほども紹介したように、体内に常駐しているカンジダ菌です。
そのため、侵入を防いでの予防ではなく、増殖しないようにするための予防が重要になります。
カンジダ菌が増殖してしまう原因として最も大きいのが、免疫力の低下によるものです。
免疫力を一定以上に保つためには、ふだんから意識しておく必要があるでしょう。
免疫力が低下してしまう原因としては、睡眠不足や風邪などの体調不良、疲労やストレスが関与しています。
そのため、日頃から正しい生活習慣を意識し、常に体調を万全な状態に維持しておくことが重要なのです。
また、毎日性器やその周辺をしっかり洗浄しておくことも大切です。
とはいえ、必要以上に洗ってしまうと、膣内の善玉菌まで流されてしまい、自浄作用が弱まってしまいます。
これも膣カンジダの原因になりうるため、刺激の弱い石鹸で洗ったり、お湯で軽く洗い流しておくだけでも充分です。

男性がカンジダ菌を持っているケースもあり、男性のペニス、特に亀頭部分に感染している場合があります。
男性はカンジダ菌による症状が出にくいため、感染しているとしても無自覚な可能性があります。
カンジダ菌を持った男性と性行為をしてしまうと、また感染してしまう危険があるため、不安であれば泌尿器科での診察・検査を説得してみてもいいかもしれません。